07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ナンヨウツバメウオ(幼) <マンジュウダイ科>

2010年12月29日
ナンヨウツバメウオYg
幼魚の時期は枯れ葉等に擬態している。
入り江や湾等流れの少ない浅場をフワフワしている事が多い。
スポンサーサイト
アイゴ/ニザダイの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

Batavia Spadefish <マンジュウダイ科>

2010年12月23日
ゼブラバットフィッシュ
通称はゼブラバットフィッシュ。写真のように幼魚の時期は縞模様がクッキリしていて、とても優雅で美しい。マクタンエリアでの観察例は非常に少ない。
photo by Mr.Shibata
アイゴ/ニザダイの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

サザナミトサカハギ <ニザダイ科>

2010年07月28日
サザナミトサカハギ
成長に伴い頭部が鶏冠状に出てくる事、尾鰭の上下が糸状に伸びる事で区別可能。
雄の婚姻色は非常に派手で、色彩変化に富む。棚のエッジ周辺に群れている事が多い。
アイゴ/ニザダイの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

ミカヅキツバメウオ(Yg) <マンジュウダイ科>

2010年04月25日
ミカヅキツバメウオ幼魚
写真は幼魚。背鰭から伸びる黒色帯の直前にもう一本の細い黒色帯があるのが特徴。その優雅さから観賞魚としても人気が高い。成魚はヒルトガンやナルスアンで観察可能。
アイゴ/ニザダイの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

アカククリ(Yg) <マンジュウダイ科>

2010年03月10日
アカククリ
幼魚の時期は体全体が赤く縁取られるのが特徴。
幼魚期はヒラムシやウミウシに擬態しているとも考えられている。
photo by Ms.Gamo
アイゴ/ニザダイの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

ナンヨウツバメウオ <マンジュウダイ科>

2010年03月08日
ナンヨウツバメウオ
タリマやヒルトガンでは群れている事も。いかにも南国と言った風である。
ミカヅキツバメウオに似るが、こちらの方は吻の先が尖るので区別できる。
アイゴ/ニザダイの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

ゴマアイゴ <アイゴ科>

2010年03月03日
ゴマアイゴ
体中の斑点と背びれ後方にある黄色点が特徴。
アイゴ科の中では最大種で、セブでは食用とされている。
photo by Mr.Taka
アイゴ/ニザダイの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。