10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゴルゴニアンシュリンプ <モエビ科>

2012年03月07日
ゴルゴニアンシュルインプ
砂泥地の多少深いところで見れる。ゴルゴニアンとはヤギ類等の珊瑚の事で、そこに擬態して住むのが名前の由来。体が縦に異常に長い。
スポンサーサイト
エビ/カニ/その他の仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

ジンベエザメ <ジンベエザメ科>

2012年01月31日
ジンベエザメ
いわずとしれた世界最大の魚。非常におとなしいサメ。
現在、セブ島南部のオスロブでほぼ100%見れます!
サメ/エイの仲間 | コメント(1) | トラックバック(0)

オオガラスハゼ <ハゼ科ガラスハゼ属>

2011年12月16日
オオガラスハゼ
ウミカラマツ類に着き生活する。ガラスハゼと似るが、体が細長い、尾鰭基底部が暗褐色になることで区別可能。セブではガラスハゼよりオオガラスハゼの方が多い。
ハゼの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

インドカイワリ <アジ科>

2011年11月20日
1
下顎が大きくて上顎よりも突出している事と、鰓縁が黒くなっている事で他の近似種と区別できる。単独でいる事が多く、あまり見かける事もない。
アジ/サバ/カマスの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

アデヤカミノウミウシ <サキシマミノウミウシ科>

2011年10月26日
adeyaka
「艶やか」とは絶妙のネーミングで、水中で見ても非常にキレイなウミウシである。
背側突起は先端から、黄色⇒紫⇒体地色だが、その長さには個体差がある。
ウミウシの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

ダンダラダテハゼ <ハゼ科ダテハゼ属>

2011年10月20日
ダンダラダテハゼ
セブでは比較的普通に見れるダテハゼ属のハゼ。
テッポウエビと共生する。体側の「段だら」模様が名前の由来。
ハゼの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

キャンディケインドワーフゴビ-(♀) <ハゼ科ベニハゼ属>

2011年10月19日
candy
セブでは至る所で見られるベニハゼ属の1種。赤白のストライプがとってもキュート。写真はメスで、オスは背鰭の先端が伸びる。
ハゼの仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)

アカシマシラヒゲエビ <モエビ科>

2011年10月16日
アカシマシラヒゲエビ
岩陰や岩穴に住み、魚をクリーニングするエビとしても有名。
白いヒゲと背部の赤に白ラインが映えて、なんともカッコいいエビです。
エビ/カニ/その他の仲間 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。